朝 洗顔

朝の洗顔で注意したい事

ニキビを治すためには洗顔は欠かせませんよね。でも、上手に洗顔をしないとニキビケアにはならないんです。
ニキビをケアするにはどのような洗顔方法が効果的なのでしょうか?
大切なのは、洗顔をし過ぎないということです。朝と晩の二回で十分です。
朝の洗顔は、寝ている間についた雑菌や皮脂を取るために、ていねいに洗ってあげることが必要です。
朝の洗顔の方法としては、余分の皮脂を取り除くために、ぬるま湯で顔を洗います。ぬるま湯で顔を洗うことで、毛穴を開かせることになります。毛穴を開かせるために蒸しタオルを使うこともできます。
毛穴を開かせた後、洗顔料で洗っていきます。この時に注意してほしいのが、こすり過ぎないということです。こすり過ぎを防ぐために、泡立ちネットなどを使いよく泡だててから泡で顔を洗うようにしましょう。
洗い終わったら、ぬるま湯で泡をきちんと洗い流しましょう。髪の生え際に石鹸の泡が残ってしまうとニキビの原因になるので、洗い残しのないようにしてください。
最後に清潔なタオルでやさしく顔の水を拭き取りましょう。
毎朝の洗顔をていねいにしていくことでニキビのないきれいな肌を取り戻しましょう。