ニキビに効く 成分

ニキビに効く成分。洗顔料にこの成分が入っている?

ニキビに効くって言われているアイテムって色々あるんですが、箱やチューブに書いてある成分を見てパッと「あ、これ、ニキビに効く成分が入っている!」って、素人だとなかなか分かりづらいですよね。 そこでニキビに効く成分にどんなのがあるのか?っていうのを代表的なものだけですが、調べてみました。 @イオウ 昔からニキビに効く成分として、よく知られているイオウ。よく知られているのは殺菌作用なんですが、それ以外にも角質を柔らかくしたり、皮脂を抑えるといった働きもあります。 Aビタミンc ビタミンcというと美白成分というイメージがあるかもしれませんが、実はニキビに効く成分でもあるんです。 ビタミンcにはニキビの炎症を抑える抗炎症作用というのがあります。 またニキビの原因になる毛穴に詰まった皮脂や角栓をゆるめて、外に排出しやすくしたり、一番の原因といえる過剰な皮脂分泌を抑えるといった効果があります。 Bサリチル酸 ニキビケア用の洗顔料やクリームなんかに入っているサリチル酸には、殺菌作用やニキビの元となるアクネ菌の繁殖を防ぐという効果が代表的なんですが、それ以外にサリチル酸にはピーリング作用というのがあるので、毛穴が詰まる原因になる古い角質を剥がしてくれる働きがあります。 Cレチノイン酸 ニキビの外用薬によく入っているレチノイン酸には、毛穴に詰まった角質や老廃物を外に出しやすくする働きがある成分です。 レチノイン酸は他にお肌のターンオーバーを促進する働きがあるので、ニキビの治りを助けるといった作用もあります。  Dグルコール酸 グルコール酸はサトウキビは玉ねぎなどから抽出されたもの、ピーリング効果がある成分です。 ピーリング効果があるので、ニキビの原因となるアクネ菌のエサとなる古い角質や老廃物を溶かして、体外へ出やすくしてくれたり、お肌のターンオーバーを定期的にしてくれる働きもあります。 Eフラーレン フラーレンは元々はアンチエイジングに効果があるといわれていた成分なんですが、お肌のサビ、そしてニキビが出来やすくなる原因といわれている活性酸素を抑える高い抗酸化作用や、皮脂バランスを整えたり、毛穴が開くのを抑えてくれるという働きもあるので、最近ではニキビに効く成分としても知られています。 もし「ニキビに効くケアアイテム、何かないかな?」と思ったら、こういった成分が入ったものをチェックしてみてくださいね。

ニキビに効く成分には何かあるの?記事一覧

ニキビの治療にステロイドが使われることがあります。ステロイドは副腎皮質性ホルモン剤で、副作用があります。ニキビの治療としてステロイドが処方されたなら、お医者さんの指示通りに使用するようにしましょう。ステロイドは肌の炎症を抑える作用があり、2,3日でニキビが治まります。このように早い効果を期待できますが、長期の使用は避けなければなりません。ステロイドの副作用には、抵抗力の低下、免疫力の低下などがあり...